句会【亜流里】風羅堂の俳人たち
風羅堂の俳人たちトップページ 風羅堂について 播磨芭蕉忌フェスティバル 句会【亜流里(あるさと)】 亜流里へお問い合わせ
亜流里ブログ


兵庫県姫路市の増位山随願寺には、芭蕉翁が使用したとされる蓑と笠が残っています。
風羅という言葉は芭蕉翁の造語で「笈の小文」の冒頭で使われており、風に破れやすいうすもの(芭蕉葉)の意で、自らを風羅坊とも名乗っていました。
兵庫県姫路市の増位山随願寺には松尾芭蕉翁のものと伝わる蓑、笠が残っています。
それらを、広く皆様に知っていただこうと、平成19年より「播磨芭蕉忌フェスティバル」を毎年開催し、
今では訪れる人もいないこの地にいつの日か風羅堂が再建される事を夢見て活動しております。


  見学入会のお申し込み




 



copyright (C) 2010 句会「亜流里」〜風羅堂の俳人たち〜All Rights Reserved.