句会【亜流里】風羅堂の俳人たち
風羅堂の俳人たちトップページ 風羅堂について 播磨芭蕉忌フェスティバル 句会【亜流里(あるさと)】 亜流里へお問い合わせ
亜流里ブログ


兵庫県姫路市の増位山随願寺には、芭蕉翁が使用したとされる蓑と笠が残っています。
風羅という言葉は芭蕉翁の造語で「笈の小文」の冒頭で使われており、風に破れやすいうすもの(芭蕉葉)の意で、自らを風羅坊とも名乗っていました。
兵庫県姫路市の増位山随願寺には松尾芭蕉翁のものと伝わる蓑、笠が残っています。
それらを、広く皆様に知っていただこうと、平成19年より「播磨芭蕉忌フェスティバル」を毎年開催し、
今では訪れる人もいないこの地にいつの日か風羅堂が再建される事を夢見て活動しております。


  見学入会のお申し込み




応募部門 ■一般の部(全国どなたでも)
■学生の部(播磨地域の小学生・中学生・高校生)
表 彰 最優秀作は表彰、句碑を風羅堂跡に1年間建て顕彰します。
句 題 自由(雑詠) 未発表のものに限る
  事前投句の部 平成25年9月末(当日消印有効)
応募方法 ■一般の部
2句1組、何組でも可。
■学生の部
3句まで

便せんなど自由な用紙に作品、郵便番号、住所、俳号、大会当日の出欠をお書きのうえお送りください。
読みづらい字にはふりがなをお願いします。
【播磨芭蕉忌フェスティバル事務局】
〒670-0965 姫路市東延末236-1(株)ナカムラ内
投句料 ■一般の部
2句1組、1000円
■学生の部
無料
選 者 〔一般の部〕
  小杉伸一路 (俳誌「九年母」主宰)
  井上志朗 (西播俳句協会代表)
  林 誠司 (月刊俳句界 編集長)
〔学生の部〕
  原 英俊 (高砂市俳句協会会長・句会「亜流里」指導)
  中嶋常治 (「姫路青門」主宰・句会「亜流里」顧問)
送金方法 【銀行振込】 播州信用金庫 11 8946792 芭蕉忌フェスティバル事務局
【郵便振替】 ゆうちょ銀行 14300 40037481 普通 ナカムラマサユキ
【現金書留・定額小為替】 作品を同封のうえ、お送り下さい

送金先 〒670-0965 兵庫県姫路市東今宿2丁目1−2
(株)ナカムラ内
播磨芭蕉忌フェスティバル事務局
  当日出句受付  平成28年11月6日(日)11:30〜12:30
お問合せ TEL (079)295-0041 担当:中村

この大会は、平成28年度兵庫県中播磨県民局地域文化継承応援事業の助成を受け、
俳句によるまちづくりの会亜流里が実施するものです。



copyright (C) 2010 句会「亜流里」〜風羅堂の俳人たち〜All Rights Reserved.